地震に強い家

耐震システム

耐震システム

耐震システム

今後、「繰り返し地震」が発生した際、果たしてどのようにすれば
大切な住まいを地震の脅威から守ることができるのでしょうか。
その答えのひとつが、「TRCダンパー」の導入にあります。

今後、「繰り返し地震」が発生した際、果たしてどのようにすれば大切な住まいを地震の脅威から守ることができるのでしょうか。
その答えのひとつが、「TRCダンパー」の導入にあります。


耐震・制振

耐震・制振

住宅の地震対策には、主に「耐震」と「制震」がありますが、
「耐震」だけでは繰り返しの地震が発生した際、強度が落ちてしまうことがあります。
揺れ自体を軽減させる「制震」を加えることで、建物の損傷を抑えることが可能になり、
同時に家具の転倒や飛散による被害の軽減も期待できます。

住宅の地震対策には、主に「耐震」と「制震」がありますが、「耐震」だけでは繰り返しの地震が発生した際、強度が落ちてしまうことがあります。
揺れ自体を軽減させる「制震」を加えることで、建物の損傷を抑えることが可能になり、同時に家具の転倒や飛散による被害の軽減も期待できます。

耐震

耐震住宅

 壁を増やしたり固くして、地震の揺れに耐える
 繰り返しの地震がある度に
   建物にダメージが蓄積し、強度が落ちる

制振(TRCダンパー)

制振住宅

 地震エネルギーを吸収して建物の揺れを低減
  繰り返しの地震に対しても有効
  筋交いなど構造部材の損傷低減
  免震と比べて低コスト


TRCダンパーの仕組み

自動車用防振ゴムにおいて世界シェアNo.1(※自社推定)を誇る、
住友理工の防振ゴム技術を応用して開発。「特殊粘弾性ゴム」が、揺れを低減します。

自動車用防振ゴムにおいて世界シェアNo.1(※自社推定)を誇る、住友理工の防振ゴム技術を応用して開発。
「特殊粘弾性ゴム」が、揺れを低減します。

ダンパーの仕組み①
ダンパーの仕組み②

TRCダンパーの特徴

TRCダンパーの特徴

TRCダンパーを設置した場合としなかった場合で、
どれだけ建物変形に違いが出るのか実物大の住宅を用いて実験した結果、
極大地震で約50%の変位低減が実証されました。

TRCダンパーを設置した場合としなかった場合で、どれだけ建物変形に違いが出るのか実物大の住宅を用いて実験した結果、極大地震で約50%の変位低減が実証されました。

シュミレーションで一棟一棟
最も精度の高い設置場所をご提案致します。

シュミレーションで一棟一棟最も精度の高い設置場所をご提案致します。

ダンパーの耐震効果

TRCダンパーの特徴

1棟あたりTRCダンパーを4本(※延床面積40坪2階建て、軽い屋根の部屋)設置すると、
最大50%地震の揺れを低減することが出来ます。

1棟あたりTRCダンパーを4本(※延床面積40坪2階建て、軽い屋根の部屋)設置すると、 最大50%地震の揺れを低減することが出来ます。

施工箇所が少ない分、費用を抑えることができ、
耐力壁工事と共に施工可能なため、リフォーム時にも低コストで導入が可能です。

施工箇所が少ない分、費用を抑えることができ、 耐力壁工事と共に施工可能なため、リフォーム時にも低コストで導入が可能です。